youtube

中国の「音楽配信サービス」は

かつては発展途上国の一つだった中国ですが、現在では政治的、経済的に世界を動かせる規模の国へと成長しました。
中国人観光客の増加が連日報道され、中国経済の動向が広く伝えられる今日、私達はアジアの大国である中国とのつきあい方を真剣に考える時期に差し掛かっています。

中国の「音楽配信サービス」や「動画視聴サイト」が日本人の間で流行っています。
他のホームページでは有料配信されている楽曲が、ほとんど無料で提供されており、中国系のサービスからコンテンツをダウンロードしたり、最新の音楽をリリースよりいち早く視聴する日本人ユーザーもいます。

有料配信の楽曲が無料で視聴&ダウンロード出来るため、中高生や若者を中心に中国系の音楽配信サービスは絶大な人気を獲得しました。
MP3やMP4といった形式でアップロードされているため、いわゆるマスターデータに限りなく近く、楽曲の品質はCD並です。
クリック一つで自分のパソコンやスマートフォンに楽曲が無料でダウンロード出来てしまうため、最近の中高生はCDショップや有料配信サービスを使わずに、中国系の音楽配信サービスを優先的に使います。

ただ著作権はどうなのかというと、黒に近いグレーゾーン事態です。
中国系の音楽配信サービスがアーティストや著作権管理団体から許可を得て無料配信しているなら、全くの白となります。
しかし、現実においては日本人アーティストの音楽データを無断でアップロードしている中国系音楽配信サービスが大半であり、俗に言う海賊版を販売するお店と大差ありません。

ところがユーザー目線では正直、正規の配信サービスなのか、海賊版の配信サービスなのか分かりづらく、中国系の悪質サイトは数を減らすどころか、むしろ増加する傾向にあります。

楽曲が無料で視聴&ダウンロード出来るため、日本の中高生には絶大な人気を得ていますが、
当然、海賊版を配布する危険なサイトですので、リスクが潜んでいます。
人気アーティストのMP3データと見せかけスパイウェアをダウンロードさせる、フィッシング詐欺のサイトに強制的にジャンプさせる、あるいは情報を盗み出すコンピュータ・ウイルスに感染させる等、海賊版の楽曲を配布する中国系音楽配信サービスには未知の脅威が潜んでいます。

中国国内は残念ながら一般的な経済大国のような法令遵守が徹底されておらず、そういった海賊版を配布するサイトが横行しているのが実態です。
日本国内にはおいては近年、違法ダウンロード刑罰化が施工されており、たとえ中国系のサービスからだとはいえ、海賊版のMP3ファイルのダウンロードは固く禁止されています。

china

中国の音楽事情

中国の音楽番組には台本が無く、歌手たちはぶっつけ本番で歌わされたりが日常茶飯事になっています。その分、打ち合わせに時間をほとんど取らず、最新の流行や話題の歌手の予定が空いたときは、すぐに音楽番組に登場できるようになっています。音響機器についても、本番のときに整っていない場合がありますが、特別気にすることなく番組が進行します。

中国は大きくて広い国ですから、それだけ民族の種類も多くなります。そのため、人が好む音楽は多様性があり、話題のポップスだけでなく、民謡や民族音楽も大事にされています。若い人向けだけでなく、高齢者向けにも楽しんでもらえるように、音楽番組では様々なジャンルが流れるのが一般的です。

中国の音楽事情はデジタルデータの登場で、大きく様変わりしつつあります。これまではカセットテープやCDで聞くのが一般的で、正規品だけでなく、コピー品が巷に溢れていました。コピー品を道端で売る人が多く、正規品よりも安価な価格で購入できることから、多くの人が利用していました。

しかし、デジタル音源が登場してからは、データとして日本と同様に音楽を持ち歩く人が増えました。デジタルプレーヤーやスマートフォンに音楽データを無数に入れることができるので、そのままイヤホンをつけて楽しむ人が増えています。

中国では、違法な無料音楽ダウンロードサイトがインターネットに無数に存在します。中国当局が規制をかけても、どんどん新しい違法サイトが立ち上がり、若い人を中心に違法サイトで音楽ダウンロードを行っています。違法サイトを利用することを悪いという風にとらえる風潮は少なく、当然のように使用しています。そのため、中国では正規品のCDはもちろん、コピー品も売れなくなるという状態が続いています。

違法サイトには、中国の音楽だけでなく、韓国や日本の音楽、そして洋楽まで流れているので大きな問題になっていますが、規制できないのが現状になっています。インターネットを介することで規制が難しくなっていますから、日本とは政治的にギクシャクした関係が続いていますが、日本に興味を持つ人は増えており、日本のアイドルやアーティストの音楽を聴く若者も増えています。

また中国では、数年前の日本と同じように韓流がブームとなっているため、韓国音楽も人気になっています。中国らしい二胡や琵琶などを使った中国音楽を残しつつ、外国から新しい風が入ってくることでどんな相乗効果が生まれるのか、これからの中国の音楽に目が離せないといえます。

歌手になるには

歌手になるには

歌手になろうとして、カラオケなどでひたすら歌い続けるのが近道だと考えている人がいるかもしれません。それも正しい事です。

どんなにキレイな声でも肺活量がないと歌いきる事はできませんし、声帯を鍛えるのにも有効です。スポーツ選手でいう筋トレと同じなのですから、根を詰め過ぎない程度には行うべきです。

ですがそれだけでは不十分です。歌手は歌詞や曲調によって、声を使い分け雰囲気を伝えられる事が重要だと思います。

例えばロックとラブソングを同じような声のトーンで歌った場合、果たして曲の魅力を伝えきる事ができるのかは疑問です。そこでさまざまな体験をして、感性を磨くべきでしょう。

例えば「母にプレゼントして」という歌詞があったとしたら、自分も実際に母にプレゼントをしてみて、どういう言葉を言ったのか・言われたのか、どういう気持ちになったのかを把握しましょう。

そうすれば声のトーンの変えるタイミングが理解できるはずです。後は歌手になりたい気持ちを忘れなければ、なる事はできるはずです。

歌手の辛さ

歌手の辛さ

みなさまは歌手の辛さをご存知でしょうか。
歌を歌うということはみなさまが子どもの頃から慣れ親しんだことだと思います。
みなさまが持つその声は生まれながらにしての楽器であり、生来にしてプレゼントされたものです。
現代ではカラオケが各地へ広がり、気軽に歌を歌える環境が整っています。
しかし、プロである歌手は歌いたい時だけ歌えばいいというものではありません。
当然、歌うことが生業である以上、適当に歌っていたのでは報酬が得られず生活することができません。
日頃から体調を管理し、仕事に備えることが要求されてきます。
会社にお勤めになられている方からすると、就業時間以外は何をしてもよい時間です。
そのような本当の自由なプライベートがないことも歌手の辛さではないでしょうか。
一方で、曲のクオリティに対する辛さもあります。
歌手というものは巷に溢れており、光るものがあってこそ仕事にありつける職業であります。
ただ音程を外さず歌えばいいということではありません。
その歌手自信の声、歌唱法によってファンを獲得し、魅了することが求められます。
そのような過酷な環境の中での差し入れやプレゼントは心が暖まります。

歌手になるメリット

歌手になって良いこと

歌手になりたいという方の大前提として歌が好きだから仕事にしたいという気持ちがあるはずです。そのため、歌手になって歌を仕事に出来たら、それだけでも幸せなことだと思います。
しかし、その上でさらに人気が出て、多くのファンの方がつくと歌うという仕事以外にもいいことが増えてきます。
その一つがファンからのプレゼントです。
歌手として人気が出ると誕生日や発売記念イベント、ライブなど様々な場面でファンからプレゼントを受け取る機会が多くなります。
どのような物でもプレゼントをもらえることは誰しも嬉しいことだと思いますが、それだけが歌手になったから享受できるいいことというわけではありません。
なにかの記念や節目にプレゼントを贈りたいとファンから思ってもらえる自分自身であるということが歌手にとっては本当に嬉しいことだといえます。
またそうしたファンの気持ちや行動が自信や歌手としてのさらなる向上を目指す力になっていくはずです。