youtube

中国の「音楽配信サービス」は

かつては発展途上国の一つだった中国ですが、現在では政治的、経済的に世界を動かせる規模の国へと成長しました。
中国人観光客の増加が連日報道され、中国経済の動向が広く伝えられる今日、私達はアジアの大国である中国とのつきあい方を真剣に考える時期に差し掛かっています。

中国の「音楽配信サービス」や「動画視聴サイト」が日本人の間で流行っています。
他のホームページでは有料配信されている楽曲が、ほとんど無料で提供されており、中国系のサービスからコンテンツをダウンロードしたり、最新の音楽をリリースよりいち早く視聴する日本人ユーザーもいます。

有料配信の楽曲が無料で視聴&ダウンロード出来るため、中高生や若者を中心に中国系の音楽配信サービスは絶大な人気を獲得しました。
MP3やMP4といった形式でアップロードされているため、いわゆるマスターデータに限りなく近く、楽曲の品質はCD並です。
クリック一つで自分のパソコンやスマートフォンに楽曲が無料でダウンロード出来てしまうため、最近の中高生はCDショップや有料配信サービスを使わずに、中国系の音楽配信サービスを優先的に使います。

ただ著作権はどうなのかというと、黒に近いグレーゾーン事態です。
中国系の音楽配信サービスがアーティストや著作権管理団体から許可を得て無料配信しているなら、全くの白となります。
しかし、現実においては日本人アーティストの音楽データを無断でアップロードしている中国系音楽配信サービスが大半であり、俗に言う海賊版を販売するお店と大差ありません。

ところがユーザー目線では正直、正規の配信サービスなのか、海賊版の配信サービスなのか分かりづらく、中国系の悪質サイトは数を減らすどころか、むしろ増加する傾向にあります。

楽曲が無料で視聴&ダウンロード出来るため、日本の中高生には絶大な人気を得ていますが、
当然、海賊版を配布する危険なサイトですので、リスクが潜んでいます。
人気アーティストのMP3データと見せかけスパイウェアをダウンロードさせる、フィッシング詐欺のサイトに強制的にジャンプさせる、あるいは情報を盗み出すコンピュータ・ウイルスに感染させる等、海賊版の楽曲を配布する中国系音楽配信サービスには未知の脅威が潜んでいます。

中国国内は残念ながら一般的な経済大国のような法令遵守が徹底されておらず、そういった海賊版を配布するサイトが横行しているのが実態です。
日本国内にはおいては近年、違法ダウンロード刑罰化が施工されており、たとえ中国系のサービスからだとはいえ、海賊版のMP3ファイルのダウンロードは固く禁止されています。