還暦祝いに喜ばれる贈り物ランキング

お祝い60歳

人間関係は相手が喜べば自分も喜ぶという相互関係と相乗効果があります。
人生には何度かある節目の際にお祝いや祝福があることはとても嬉しいことです。
記念となるプレゼント選びのコツを心得ておくことは大切です。
かつての暦として使われていた十干十二支(じゅっかんじゅうにし)は10種類の十干と12種類の十二支(すべての組み合わせることで60種類の組み合わせを作り、それを一年ずつ使い60年を一巡りとしていました。60年が過ぎて生まれた時の十干十二支が巡ることを還暦といいます。60年という年月は人間にとって、とても大きな年月でした。それは現在でも同じです。60歳になった頃は定年を迎える頃であり、また多くの場合は人生の集大成を迎えている頃です。
大切な節目である還暦を祝う気持ちを伝えるプレゼントに何が良いのか、プレゼントサイトによるランキングを元に考えてみましょう。
ランキングの第5位はお酒です。第4位はマッサージ器です。第3位はお花です。第2位は名前入りギフトです。そして第1位はお祝メッセージ入りのギフトです。
これらの人気プレゼントの共通点からわかることがあります。それは相手の趣味や指向にそって選ばれているということ。そして、気持ちを伝えているということです。
人は自分自身のことをわかってもらうと嬉しいと感じます。贈り主が自分の趣味や好みを知っているということが嬉しいのです。
名前入りギフトやお祝いメッセージ入りというプレゼントがランキングに入っています。これは、私だけのものという特別感の効果をもたらします。世間に特注品やオーダーメイドがあるのはこのためです。
また、感謝やお祝いの気持ちを表すメッセージは心に響きます。漠然としてイメージが浮かびにくい端的な言葉よりも、贈り主らしい言葉で具体的なイメージがしやすい言葉を表現することが大きな効果となるのです。
結婚式で新郎新婦が両親に贈る言葉が両親以外の人々にも共感や好感や感動をもたらすように、私達自身の言葉で伝えた気持ちは相手に響きます。
その効果を無意識に知るからこそ、メッセージ入りで相手の趣味に合わせたもの、感謝の言葉入りの絵やマグカップやお酒などが人気となるです。
プレゼントには誤解を生じないように避けるべきとされているものがります。特に還暦祝いのプレゼントは年配の人に贈るプレゼントなので、相手の心情に配慮しましょう。
香典返しを連想させるお茶、苦や死を連想させる櫛、目上には贈らないとされている履物や時計などです。
しかし、タブーとされているものも、お互いの関係性によるところもあるのであまり気にし過ぎず相手の気持ちに添うようにしましょう。